猫と暮らせば。

君と生きる、この世界で、この家で、君たちと生きていく。

(雑談)ワクチン接種休暇

 10月9日に、ワクチン接種の予約が取れた。

 つゆこの勤め先では、新型コロナウィルスの感染が拡大し始めてから、社長をはじめ、対策は徹底してきた。
 現場があって出入りすることも多いので、手洗い・うがいの励行、アルコール消毒やパーテーションの設置など、出来ることはやっている。
 そして、個人の判断に任せてはいるが、ワクチン接種も推奨している。
 しかし、ワクチンの接種後、発熱などの症状で通常の生活がままならないことがあるのも事実。仕事に影響が出ることもあり、接種のタイミングは見極める必要がある。
 ワクチン接種を必ずしも休みの日に予約できるわけではないし、接種した翌日が休みとも限らない。
 とはいえ、やっぱりワクチンの摂取は推奨したいといえ会社の願いもある。
 なので、ワクチン接種休暇なるものが与えられている。
 ワクチン接種の影響で仕事ができない場合、休んでも出勤扱いにしてもらえる。有給や代休を充てがう必要はない。

 つゆこは、元々2級建築士試験が終わるまでは摂取しないことを公言していた。
 熱が出て勉強がままならなくなることが不安だった。
 終わって、昼休みに課長と予約フォームの画面を見ながら、どの日にしようかと相談していたら、「仕事はいいから、とにかく最短」と言われ、結果、△マークがついていて、空きは少ないがなくはない9日が最短だったので、抑えた。
 9日は土曜日だが、ローテーションでつゆこが出勤の日だ。
 もちろん、接種の日は早上がりもOK。距離的に中抜けで戻ってこられるかな、と思っている(1回目だし副反応もそんなに強くないか?)が、休みになっても問題ない。
 2回目の摂取が丸1か月後だとしたら、11月9日もその翌日も平日だから、熱が出たりしたら休む可能性もある。
 でも、ワクチン接種休暇があると思うと、ちょっと安心できる。

 こんな時だからこそ、そういう気づかいがありがたいなと思う。