猫と暮らせば。

君と生きる、この世界で、この家で、君たちと生きていく。

[+Step]総合模試直前

f:id:tsuyuninaretara:20210620134120j:plain

 二級建築士学科試験を2週間後に控え、本日は最後の模試。

 

 私が通っている予備校・総合資格学院は、合格率の高さは勿論、カリキュラムや徹底したサポートが売りで、勉強のモチベーションを維持できると思い、通学を決意したところがある。

 実際、よく出来たカリキュラムだと思う。

 高校2年生で理数系の授業がなくなる高校の文型クラスにいた私でも、構造の計算問題が難なく解けるようになった。

 カリキュラムの話は、また機会があればするとして。

 

 

 模試だ。

 兎に角テストで「高得点」を目指させる方針を取っているこの学院で、模試及び本試験の目標点数は「100点」である。及第点「90点」、最低でも「80点」。

 

 二級建築士は、午前3時間で「建築計画」、「建築法規」、午後3時間で「建築構造」、「建築施工」の試験を実施し、各25点満点で合計100点となる。

 つまり、総合資格学院の二級建築士講座の目標点は満点なのだ。

 どこの試験元が満点取らせるような試験を作ってるっていうんだ……という突っ込みは飲み込んで、本気度を感じる。と、しておこう。

 

 さて、自分で言うのもなんだが、つゆこは従順で隷属体質である。

 そんなわけで、常に満点……は無理でも、及第点は取らねばと考えていた。

 しかし、模試で及第点に至ったことは1度きり。

 となると、最低点は取っておかねばと焦り出す。

 

 だが、ある時ふと、思ったのだ。

 それを、昨日チューター君(二級建築士一級建築士製図試験合格目指して勉強中)にもらした。

「80点を切ることが怖いんですよ、施工の苦手意識が強くて、20点台いかなくて。計画・法規でカバーしてなんとかって感じで。ずっと焦ってたんですけど、気付いたんです」

「……はい」

 彼はいつも真剣に話を聞いてくれる。

「合格点60点なんですよね」

「…………はい」

 今更。という顔をした。

 全く、今更だ。

 学院の方針にどっぷり浸っていたために、基本的なことを忘れて焦っていたのだ。

 

 二級建築士の試験は、4科目の合計が60点で合格となる。各科目13点程度の足切りがあるから、どれかひとつ悪すぎても不合格になる可能性はあるが、今のところつゆこは合格圏にいる。

 

 目標を高く持てば合格する確率は高くなるし、学科の点数によって後の製図の合格率も変わってくるから、それは大事なことなのだが、そもそも今の状態で「落ちるかも知れない」と追い詰められる必要はないのだ。

 気を抜くのは以ての外だが、自信をなくすほどの状態ではないのかも知れない。

 

 

 法規や構造に苦手意識を持つ人が多い中、つゆこの苦手は専ら施工。それを上司に話したら詰られたのだが(仕事は施工管理なので……)。

 

 今はただ、自分を信じるのみである。