猫と暮らせば。

君と生きる、この世界で、この家で、君たちと生きていく。

(雑談)雨ニモ負ケズ

 4日の二級建築士学科試験。
 午前の計画・法規の試験は見直しにも少し時間がかかるので、暇になる時間はそんなになかった。
 が。
 午後の構造・施工の試験は見直しや検算を十分やっても1時間半くらい時間が余った。
 暇だった。

 なので。

 暇つぶしに思い浮かんだ言葉をつらつら書いてみた。

f:id:tsuyuninaretara:20210712224513j:plain

 『雨ニモマケズ』『平家物語』の冒頭、『君死にたまふことなかれ』など。
 本来文系なんやなぁと改めて思った……

[+Step]二級建築士学科試験終了

 二級建築士学科試験が無事に終わった。

 半年以上に渡る長い戦いが一旦幕を下ろした。

 勿論、製図試験は2か月後に迫っているから、ゆっくりはしていられないのだけれど。

 

 

 

 昨日は眠りは浅く、明け方、法令集を忘れて慌てて取りに帰ったけど間に合わなかったという夢を見た。血の気が引いた。

 

 

 

 二級建築士の学科試験は、午前中に3時間掛けて「建築計画」と「建築法規」の試験がある。法令集を使うのは法規の試験。

 「建築計画」は、インテリアコーディネーターの延長のような試験だと思っている。インテリアコーディネーターの学科試験に近い内容が結構出るので、1番の得意科目。

 計画の先生からも、インテリアコーディネーターを持っていて解答スピードが早いのはアドバンテージだと言われていた。

 二級建築士の学科試験で1番時間がかかるのは法規だ。中には時間内に終わらない人もいるらしい。だから、計画をいかに早く終わらせるかは肝である。

 つゆこは、今までの模試では大体25分程度で計画を終わらせ、1時間半程度で法規を解き、1時間かけてじっくり見直しをするというテンポでやってきた。

 総合資格学院の模試はちょっと難しい。引っ掛け方が小賢しいと思っていた。本試験は模試より易しいと言われてはいたが。

 ……15分で計画が終わった。

 法規も1時間ちょっとで終わり、残り1時間半以上、見直しやを散々して、やり尽くした後に法令集を読んで時間を潰した。

 

 

 午後は「建築構造」と「建築施工」で3時間。

 こちらは多くの人が時間を持て余す。

 構造は冒頭に6問〜7問の計算問題が定番だが、今回は計算問題が少なく、文章問題に置き換わったりしていたので、それもあって時間に余裕が出来、1時間程度で2科目終わってしまった。

 しかし、最後までいて人しか問題用紙を持ち帰れないというルールがあるため、30分くらい見直しをして、残り1時間半はがっつり持て余すことに……

 

 

 問題を解くより、むしろ暇疲れした試験となった。

 

 試験後は予備校で採点会。合格点見込みとなったら、そのまま製図試験のガイダンスに入る。

 

 総合資格学院の解答予測による自己採点は合計87点、全教科20点を超えて足切りの心配もなさそうだ。

 これから、2か月後の製図試験に向けて準備を進めることになる。

 

 

 

 

 

 受験生の仲間たち、お疲れ様でした。

[+Step]二級建築士学科試験前夜

いよいよ、二級建築士試験が明日に迫っている。
 みぞおちの辺りが締め付けられるように気持ちが悪いのだけれど、兎に角寝てしまおう。

 明日は雨の予報。

 結果は晴れの見込み……だと良いのだけど。


 製図試験に進めるように、願掛けと自分を追い込む意味も込めて、メルカリで製図板購入してみた(笑)

 さぁ、寝よう!

f:id:tsuyuninaretara:20210703212707j:plain 

[+Step]初心忘るべからず

 兎にも角にも問題を解いて、ひとつでも多くの知識を頭に叩き込んでいる。

 でも。

 問題の解き方は、最初に習った通り。
f:id:tsuyuninaretara:20210630220204j:plain

 省略するところも多少あるけど、習ったことを確実に。
 焦るほど時間のない試験ではないし(特に午後)、ゆっくり丁寧に確実に。

 初心忘るべからず。

(雑談)都議選 入江のぶこ候補

 あんまりブログで政治や宗教の話はしたくないんだけど。

 今日のモヤモヤをちょっとだけ……

 

 都議選が始まって、選挙カーが通りを駆け抜けたり、街頭にのぼりを立てて演説をしたり、ビラを配ったりする姿が見受けられるようになってきた。

 今日も港区は賑やかだ。

 

 

 都民ファーストの会の入江のぶこさんという候補者が、広尾駅の近くで選挙カーを走らせていた。

 音の割れるスピーカーからの音声は聞き取りやすいものではないので、全ての主張を明瞭に聞き取れたわけではないのだけれど、港区でふたりの子供を育て上げたので、女性目線で子育てのし易い東京都を作るというような話をしていた。

 つゆこは子供がいない(結婚もしていない)が、身近に子育てをしている知人・友人も多いので、その点は賛成だ。

 でも。

「男性が活き活きと働ける社会に」

 というようなことを言った時、「ん?」と思った。後半は音が割れてはっきり聞き取れなかったけど、多分そういう内容。

 そして。

「女性が働いて子育てのし易い社会に」

 と言った時、思わず選挙カーを振り返った。

 この令和のご時世に、「女性が子育てをする」と明言しようとは。

 しかし、流石令和というべきか、「男は仕事をして女は子育てをする」のではなく、「男は仕事をして、女は仕事をしながら子育てをする」のだ。

 

 

 凄いな……

 

 都政では、女性ならではの細やかさを発揮してくれるそうだ。

 女性でありながら「ならでは」といえる細やかさのないつゆこは、誰にともなく申し訳無さを感じた。

 

 

 この直後、「ご声援ありがとうございます。若い方からのご声援、大変嬉しく思います」と感謝の言葉を繰り返し、彼女の主張はよく解らなくなった。

 

 

 令和の都議選。

 投票日は試験当日なので、期日前投票に行こうと思う。

《ねこぐらし》この子どこの子

 Google Photoは、上の方にいつも何年前のこの時期の写真とか、どこそこの写真とか表示されるのが楽しい。

 

 

 昨日のはこれ。

f:id:tsuyuninaretara:20210622222347p:plain

 左上。

 「かわいいペット」と題して、にゃんこ達の写真を集めたスライドが展開されて楽しかったのだが。

 

 

 いきなりトップに来たこの子。

 ミストフェリーズのような美しい黒猫。

f:id:tsuyuninaretara:20210622222353p:plain

 …………うちの子じゃないんだわ。

 野良の子でペットじゃないんだわ。

 

 

 どこの子や!?

 と内心叫んだ午後。

 

 

 家に帰ってうちの子撫で回した。

(雑談)悲しい大人たち

 緊急事態宣言が解除され、蔓延防止等重点措置に移行した。

 酒類の提供が許可されたので、2か月に渡って休業していた行きつけのバーも営業を再開(16時~20時という、バーとしては通常考えられない時間での営業だが)、少しだけ顔を出してきた。

 仕事をしていなかったバーテンダーさんも元気そうで良かった。

 

 ところで。

 20日の日曜日、模試と自習を終えて帰ってきたときに恵比寿駅で見た光景がこれである。

f:id:tsuyuninaretara:20210622071820j:plain

f:id:tsuyuninaretara:20210622071830j:plain

 先日の話ばかりではない。

 もう、ずっと前からこの光景は日常化していた。

 

 他の駅周辺もきっとそうなのだろう。

 悲しいな。情けないな。

 そう思ってしまうけれど。

 

 こんな悲しい大人たちにしたのは、誰なんだろう。