ここではないどこか

東の京から、今日も大和〈ふるさと〉を思ふ

〈ナライロ〉それでも奈良を

 安倍元首相銃殺事件が発生した当時、私は白金台の現場でダストボックスを組み立てていた。

 マンション前に設置するもので、2時間かかった。炎天下。じりじりと日差しが照り付けてきた。

 仲の良い職人さんから、「奈良やべえ」とLINEが入ったのが12時過ぎ。丁度、現場の片付けをしている最中だった。

 いつもの戯言だと思い、昼休みだし手は空いているだろうと即座に電話を掛け、「奈良の何がやべえんですか?」と怒って見せると、

「え、知らないの? 安倍さん撃たれたんだよ、大和西大寺で」

 

 意味が解らなかった。

 

 大和西大寺駅

 大阪ー京都に繋がる奈良のターミナルで、近隣には近鉄百貨店やならファミリーといった商業施設がある。

 私が初めてひとり暮らしを始めた時の最寄り駅であり、ゴールデンウィークに遊びに来てくれた友達の勤め先がある駅でもある。

 彼女は、銃声を聞いたという。

 日本で暮らしていて、一生聞くことがなくてもおかしくない音。

 ニュースで何度も映った場所は、かつて何度も利用した駅のロータリー。

 

 なぜ。

 そんな言葉しか出ない。

 仕事は黙々としたけれど、ずっと安倍元首相の安否が気がかりだった。

 夕方、「亡くなった」と知らされた。

 

 悲惨な事件が起きてしまった。

 どこで起こっても、決して許しがたい事件ではあるものの、それが自分の愛する故郷で起こったとなると、胸が締め付けられる思いがした。

 

 観光業に頼っている奈良は、新型コロナウィルスの国内感染者第1号が出た時も大きな打撃を受けた。コロナ禍で苦しい状況にあり、これからやっと盛り上げられると思った矢先の大事件。

 また、奈良から人の足が遠のき、「奈良は危険」というレッテルを貼られることを思うと、いたたまれない。

 

 奈良のために何かできないか。

 強く思う。

 

 奈良に帰りたい。

 奈良のために、奈良で働きたい。

 そのために、動き出すべき時が来たのかも知れない。

 

 どんなことがあっても、それでも奈良を、私は愛している。

〈ナライロ〉半夏生

 半夏生
 奈良……というか、関西では半夏生の頃にタコを食べる習慣があり、私は毎年タコの酢の物を作って食べていた。

 手帳を捲ると、7月2日のページに「半夏生」の文字があり、もうそんな時期かと思った。
 タコを買いに行こうと思った。
 昼休みに弁当を食べながら会社の人にそんな話をした。この時点で私は、半夏生にタコを食べるのは関西だけだと知らなかった。
 上司らは首を傾げ、
「タコ食べるの?」
 と。
 いや、それ以前に、
ハンゲショウってなに?」

 半夏生……東京ではあまり一般的ではないのだなぁと、カルチャーショックを受けた初夏。

 取り敢えず、タコとトマトの冷製パスタを作ってみた。

 パスタはカッペリーニ
 スライスしたタコとカットしたトマト、刻んだバジルをボウルに入れてオリーブオイル、塩、黒胡椒、粉チーズと混ぜてパスタと和えたもの。

 トマトが新鮮で美味しければ、シンプルな味付けで十分満足。

 東京なので、オシャレな料理にしてみた。
 ……が、東京で半夏生にタコを食べる必要はあっただろうかと思ったり思わなかったり……

(雑談)犬矢来

 しばしば自転車で通り掛かる南麻布の有名寿司店
 入ったことは勿論ないのだけど、通るたびに気になるのが犬矢来。
 京都に5年ほど住んでいたことがあり、町中でよく見掛けたが、東京では今のところここでしか見ない(見逃してるかも知れないかど)。

 犬矢来(いぬやらい)というのは、壁に立て掛けられている、曲げた竹を並べたもの。
 京都の町家などでよく見かけるもので、犬が壁に粗相するのを防ぐとか、泥棒よけ、雨よけ、色んな効果が期待される。今は、昔ながらの和(京都)の雰囲気を演出するものとして用いられている。

 が。
 此処は東京。
 入ったことはないとはいえ、多分このお寿司屋さんは、江戸前寿司を提供しているはず。関西寿司ではないと思う。
 江戸前寿司を供する東京の寿司屋を京都的な趣にする理由……何?
 有名店だし、きっと有名なデザイナーとかがデザインしたのだろうし、私のような未熟者には理解出来ない何かがあるのだろうけれど、建築デザインに携わる者として、その理由を誰か教えてほしい……

〔はたらくっ!〕コンパネ上司の迷走

 先日、「ふたつのコンパネ」で「コントロールパネル」を「コンクリートパネル」と勘違いした施工管理の上司(50歳女性)の事を書いた。

 その「コンパネ上司」が再び迷走した。

 

 どうも、彼女の使用するPCでは、会社で使用している見積ソフトとの互換性が良くないのか、しばしばフリーズするらしい。先月、PCの入れ替えをしてから同様の症状が始まったらしいが、それまでスムーズだっただけに、ストレスはいかばかりか。

 元々せっかちな性格故、苛立つ声を頻繁に聞くようになった。

 彼女の隣の席に座るデザイナーの女性(52)、彼女もまた、PCに弱い。

 逆隣の施工管理の女性(54)も同じく。

 

 今日も、上司の見積ソフトがフリーズした。

「また再起動するしかないね」

 隣からデザイナーが言う。

 見積ソフトを再起動。完全にフリーズしたのだから、選択肢に入るのも致し方ない。

 と、思っていたら。

 上司、PCの電源に手を伸ばす。

 そう、電源を長押ししてPCごと強制的に再起動しようとしているのだ。

 ちょっと待て、仮にPCを再起動するなら、マウス操作が出来ている以上、電源の長押しをする必要なんかない。

 私はあわてて立ち上がり、

「Ctrl、Alt、Delete!」

 と叫んだ。

 きょとんとするふたりをよそに、タスクマネージャーを立ち上げて見積ソフトを終了させた。

 何をやったのかと、興奮気味のふたり。

 Ctrl+Alt+Deleteを同時に押す操作方法を教えると、感動してメモを取り始めた。

「こんとろーる、おると、でりーと」

 次に読んだときには、絶対「あると」と言い出すだろうなと思いつつ。

 逆隣から、もうひとりの施工管理も「あとで私にも教えて!」と声をあげた。

 

 少なくとも私は高校生の頃にこの方法を教わった。もう20年ほど前のことだ。

 恐らく、今やこれ以上にスマートに見積ソフトを再起動する方法もあるのだろうが、何にしても、電源長押しの強制終了しか選択肢しかない上司たちに戦慄する。

 

 うちの会社がいつまでもアナログから脱却できない理由が解る気がして、溜息のこぼれる午後だった。

(雑談)きのう何食べた? スイーツプレート

 ドラマにもなったよしながふみさんの人気漫画『きのう何食べた?』。
 友達にすすめられたのがきっかけで、3巻くらいからリアルタイムで追っていて、今になって爆発的に人気になったのにびっくり。まぁ、主人公ふたりがゲイのカップルなので、「多様性」という言葉により様々なカップルの形が受け入れられつつあるのと、同性愛者故の悩みや壁が、年齢に伴う悩みや壁と共に深刻すぎないテイストで描かれてるからかな。

 以前から、作中に登場する料理は色々作ってきた。ラザニアやチキンのトマト煮込みはもちろん、麻婆もやしや白和えなど、地味めなメニューも。
 スイーツも好き。千波ちゃんのレシピは全部再現した(笑)

 そんな『きのう何食べた?』に、ドラマからどハマリしたいとことは、お互いの料理の写真を送り合って盛り上がる仲。

 今日は、「『きのう何食べた?』のコラボカフェがあったら」という話で、「シロさんちのスイーツプレート(シェアタイプ)」と題したスイーツの盛り合わせ。
 ・手土産のバナナパウンドケーキ
 ・ふたりのバレンタインブラウニー
 ・おもてなしのミルクティーシャーベット

 コラボカフェでは、「チキンのトマト煮込み」はテッパンでメニューに入るよね!
 モーニングタイム設けて、「コンビーフトーストとケンジ・オレセット」とか「土鍋のお粥セット」とか欲しいよね!
 などと、妄想を繰り広げた午前零時(笑)
 因みに、私はインテリアコーディネーターのくせにテーブルコーディネートとフードコーディネートが苦手。。。
 茶色い感じがシロさんぽいと思って欲しい!;;

 次は千波ちゃんのスイーツプレート作ろう。

〈ナライロ〉田原本町でのど自慢♪

 奈良県田原本町
 「奈良県」という名詞を聞くだけで胸が高鳴る。
 子供か……

 今日は、奈良県田原本町からNHKののど自慢が生放送された。
 ゲストは、由紀さおりさんと山内惠介さん。ふたりとも好き。嬉しい。ようこそ奈良へ!

 由紀さんの歌を歌った若い女の子が合格してはしゃぐ由紀さんがとても愛らしかった。なんでも、長年ゲストをしているが、自分の持ち歌で合格するのは初めてなんだって。子供みたいに笑顔を弾けさせて、素敵な女性だと思った。

 そして、チャンピオンになったのは、20代の青年だった。
 父親がかつて合格したから、自分もと出場。父はチャンピオンにはなれなかったようだが、チャンピオンの発表で彼は名前を呼ばれた。
 Official髭男dismの『115万キロのフィルム』を歌った。

 彼も勿論良かったが、彼の前に歌ったおばあちゃんにはしびれた。
 戦中、戦後を生き、戦後に飢えてお腹が空いても、歌を聞いたらお腹が膨れる気がしたという言葉に涙がこみ上げてきた。
 音楽の力は、凄い。
 チャンピオンの発表時、少し席を空けてはいたが、チャンピオンとなった青年の隣に立っていて、「やったやない!」とばかりにバシンと叩いて喜んでいたのが印象的だった。

 老いも若きも輝けり。素晴らしきかなのど自慢♪
 なんだかとっても幸せな気持ちになれた日曜日だった。

(雑談)ちむどんどん そして、

 そして、離脱した……

 以前、「朝ドラヒロインらしい」と評した暢子ながら、朝ドラヒロインらしかったのは沖縄編までだったようだ。
 私・つゆこは、暢子の朝ドラヒロインらしい性格の中で「負けん気が強い」を挙げた。
 負けん気が強い朝ドラヒロインは沢山いると思う。『あさが来た』のあさや、沖縄つながりで『純と愛』の純、料理つながりで『ごちそうさん』のめ以子、古くは『はね駒』のりんもそうだったし、『カーネーション』の糸子の負けん気の強さと来たら。
 みんな気が強かった。一方で、純粋さや素直さがあったように思う。

 沖縄編でもその片鱗は見えていたが、暢子は負けん気が強いだけでなく、我も強い。言い方を変えればワガママだ。
 根拠のない自信を振りかざし、素直さや謙虚さに欠けている。思い上がりや目上に対する無礼な振る舞いは、朝ドラヒロインにはしばしばあるが、マイナスな印象を受けがちなポイントを集めて凝縮して暢子ができた感じ。
 見ててイラッとすることがある。
 この感覚は何かに似ている……と思ったら、『まれ』のヒロイン、まれだった。まれも横浜で修行を始めたとき、なんかイラッとすることが度々あった。

 『まれ』はなんとか完走した(中盤以降、倍速で見てたけど……)
 が、『ちむどんどん』は、歌子と賢三を除く比嘉家の面々、特にニーニーとおかあちゃんにもフラストレーションが溜まり、見るのに疲れてしまった。

 内容がもっと共感できて夢中になれるようなものだったら、「まさかやー」は流行語になったかも知れないのに、それよりもネット上で反省会が開かれて「俺たちの」現象とも真逆の方向に進んでいる感がある。

 朝は朝ドラ放送より早い時間に家を出る。8時前には仕事をしているから、朝ドラは録画して帰宅後に見るのだが、大体、暢子に苛々、賢秀にムカムカしてスッキリせずに終わる。
 途中で、罰ゲームかなとまで思うようになり、取り敢えず、土曜日の総集編だけを見ることにした。
 今週は、途中まで本編見てたけど、総集編で良子の夫婦問題全部カットされてた。なんやったんや、あのエピソード。。。

 今回の朝ドラの脚本は、羽原大介さん。『マッサン』の脚本を手掛けた作家さんで、私はこの『マッサン』が好きだったから、最初は結構期待していた。
 ドラマ『とんび』や『昭和元禄落語心中』も好きだった。
 ……何だ。何が違うんだ。
 あれか。オリジナルだからか。原作やモデルがいないからか。
 こんなに期待を裏切られてしまおうとは……

 いやいや、それでもやっぱり房子オーナーは気品溢れていい味を出しているし、キャラブレしつつあるとはいえ智は可愛い(が、暢子にここまで入れ込む魅力が感じられないからなんとも言い難い)。井之脇海君のこの後の活躍にも期待してる。
 けど。
 暫くは総集編で様子を見よう。

 個人的に、歌子には頑張って欲しいし幸せになって欲しいなぁ。
 ……死亡説でてるけど。。。